オススメ記事

1300m→900m→200m、そして100m先まで。キャンドルを持った市民は毎週大統領府前に近づいている。大統領府が近づくほどスローガンはさらに大きくなった。 「朴槿恵は退陣せよ!」 「これ以上は我慢できない!」先月26日に5回キャンドル集会で市民は言った。「このレベルなら耳をふさいでいない限り、私たちの歓声が聞こえるでしょう?」

去る10月29日、ソウル光化門広場の世宗大王銅像の前で警察と対峙していた市民は約1ヶ月後の先月26日、大統領府まで直線距離で約200m離れた青雲孝子洞住民センターに進んだ。

3日の6回目キャンドル集会を控えて主催側「パク・クネ政権退陣非常国民行動」(退陣行動)は、大統領府のすぐ前の孝子洞三叉路を通る行進と青瓦台左の角付近にある治安センター前の集会を申告した。これに対して警察は孝子洞三叉路は、大統領府塀基準で100m以内に入る」と退陣行動に行進・集会禁止を通知した。現行の集会関連法100mは、大統領府のデモの最短距離だ。

退陣行動は、行政裁判所に「警察の集会と行進の禁止を防いでほしい」という内容の仮処分申請を出した。裁判所は、この日の午後10時30分ごろに孝子洞三叉路を通る行進は禁止するが治安センター前での集会は許可(午後1時~5時30分)した。治安センターは、大統領府塀から約100mの距離にある。

主催者側と警察、裁判所の決定は、同じようなパターンを重ねた。退陣行動が大統領府近くまで行進申告をすれば、警察がこれを禁止し、裁判所が主催者側の「友軍」の役割をした。 2日、裁判所は今月29日までの平日午後8時~10時までの間に、市民が大統領府で200mの距離にある青雲孝子洞住民センターで行進することも可能にした。参加人数が100人以上であれば車で行進も可能である。

3日の天気は、「瞬間的寒さ」が退き、概ね晴れて暖かい一日となる見込みである。しかし、朴大統領の3次対国民談話、そして弾劾案に対する反対の「右往左往」の歩みと政界に向けた市民の視線は冷たい。退陣行動の関係者は、「市民の怒りが継続して大きくなる状況だと、過去5回のキャンドル集会の時の参加者(全国190万人)と同様の人員が集会に参加すると予想される」と述べた。 3日午後2時には、汝矣島セヌリ党の前にも、市民の抗議集会が開かれる。

◇10月29日最初の週末のキャンドル集会

20161203-01
キャンドル集会に参加した市民が過去29日午後、ソウル光化門広場でパク・クネ大統領退けなどのスローガンを叫んで警察と対峙している様子。この日の集会には約3万人(主催側推算)が参加したが、衝突はなかった。

午後6時、ソウル清渓広場で行われた。午後7時10分から行進した。当初主催側は清渓広場を出発し、広橋→普信閣→鍾路2街→北挨拶庭まで約1.8㎞を行進する計画だったが、鐘路一帯に警察の車壁が設置されており、ルートを光化門に変えた。警察は、光化門一帯に急いで車壁をはって、市民の行進を防いで立っていた。その後警察と市民は光化門広場の世宗大王賞を境に夜遅くまで対峙した。

◇11月5日、第2次キャンドル集会

20161203-02
パク・クネ大統領退陣2次国民行動とキャンドル集会が11月5日午後、ソウル光化門広場で開かれた。イベントに参加した市民がスローガンを叫んでいる様子。

2次キャンドル集会を控えて主催者側は警察に「光化門広場で文化祭をして鍾路及び乙支路などで行進する」と申告した。しかし、警察は行進ルートの世宗路が集会およびデモに関する法律に規定された主要道路に該当するとし禁止した。これに対して参与連帯は、裁判所に禁止通告執行停止申請を出し、裁判所はこれを受け入れた。市民は鍾路方面と市庁方面の2つのコースに行進した。光化門及び鍾路一帯の全車線が制御された。

◇11月12日、第3次キャンドル集会

20161203-03
キャンドル集会の参加者が11月12日の夜、大統領府に行進しようと、ソウルネジャドン景福宮駅交差点から抑制する警察と対峙している様子。裁判所は同日、大統領府近くのユルゴクロまで行進を可能にした。

100万人の市民が参加した3次キャンドル集会。市民は大統領府まで直線距離で約900mほど離れたネジャドンロータリーに進んだ。集会に先立ち、主催者側は、大統領府近くの人青雲孝子洞住民センターまで行進すると報告したが、警察は禁止した。これに反発した主催者側が再び裁判所に仮処分申請を出し、裁判所は「集会とデモの自由が重要だ」とネジャドンロータリーまで可能にした。当時警察と対峙したデモ隊の一部が警察車の壁に乗ったり、警察の盾を奪うなど過激な行動をして、警察に連行された。

◇11月19日、第4回キャンドル集会

20161203-04
光化門の前で11月19日、朴槿恵退陣要求のキャンドル集会が開かれた。

先月19日にもキャンドルは消えなかった。午後7時30分ごろ、光化門広場で集会が終わると、市民は合計8つのルートで行進を始めた。警察はまたサジクロまでに制限した。裁判所の判断は、今回も警察と違っていた。裁判所は、主催側が申告した青雲孝子洞住民センターまでの行進は許可しなかった。代わりに、大統領府と500m離れた政府ソウル庁舎チャンソンドン別館まで午後3時から午後5時30分までに時間制限を設けて可能にした。市民6000人余りは、夜遅くまでネジャドンロータリー近くで警察と対峙した。

◇11月26日、第5回キャンドル集会

20161203-05
青瓦台取り巻く人間の帯。パク・クネ大統領下野を要求する5次の週末キャンドル集会が11月26日、ソウル光化門広場で開かれた。多くの市民が清雲洞住民センター前までデモ行進して救済を叫んでいる様子。

5次キャンドル集会には、最初のキャンドル集会以降、最大人数である150万人の市民が光化門広場に集まった。この日は、本集会に先立ち、午後4時に初めて、大統領府を「人間の帯」で包囲する行進が展開された。光化門広場で孝子洞と三清洞方面に分かれて行進した市民は大統領府を三方向から取り囲んだ。西のデモ隊は4回の集会時になかった青雲孝子洞住民センターまで行進した。裁判所が「これまでの集会が平和的に行われた」という抗議を聞いたからである。憲政史上初の大統領府から200m離れた地点までデモ隊が入ってきた。

◇12月3日、第6回キャンドル集会

3日に行われる第6回キャンドル集会を控えて退陣行動は午後4時から行進を始め、午後5時頃、大統領府の前100mの場所にある噴水に集まって集会を進めすると予告した。本集会が終わって午後7時から鐘路と西大門、清雲洞など6~7個の経路を介して噴水と青雲孝子洞住民センターで行進する計画を立てた。今回も警察は行進を禁止及び制限通告した。退陣行動は、裁判所に仮処分申請を出した。そして2日夜、裁判所がこれを受け入れ3日、大統領府の前100mでの行進が可能になった。

翻訳元:goo.gl/5hZG74

韓国人1

行こう光化門に行こう青瓦台に!
朴槿恵を包囲しろ!

韓国人2

パク・クネが明らかにした3次談話文はペテン。
ただの時間稼ぎである。

韓国人3

なぜ国民の税金で警察がパク・クネを守るんだよ。
自費でガードしろよ。

韓国人4

明日の集会後も同じ状況が繰り返される場合は、次は汝矣島になるだろう。

韓国人5

弾劾のためにも、国会前でもやるべき。

韓国人6

明日3時に友達と行くわ。
天気良くてよかったね。

韓国人7

明日、国民の偉大さを、この国の実質所有者が誰なのか、朴槿恵はよく見ろ!

韓国人8

国民の集会デモの自由を抑圧して権力者の杖の役割をする警察は恥を知れ!

韓国人9

100メートルではなく、考えて同じでは1m前でやりたい気持ちです!
100m、思ったより遠いです!

韓国人10

3次談話で笑ってしまった。
もう笑うしかないという意味で。

韓国人11

韓国国民は、最高なのに政治政治チンピラが問題。

韓国人12

パクが下野しセヌリが解体されるその日まで、国民は停止しない。
国は、国民なのだから。

韓国人13

私は40歳の男だ。
ノイローゼの症状がひどく不安抑うつがあり集会参加できず申し訳ない。

韓国人14

チェスンシル一家の財産みな没収しろ。

韓国人15

もし弾劾訴追案が否決されれば、国民がどのように反応するかを慎重に考えろよ!

韓国人16

キャンドル集会の市民意識が、普段でできたらいいのにね。

韓国人17

1cmになるまで行こう!!

韓国人18

100m?
そのまま入ればいいじゃない。

韓国人19

大韓民国万歳。
朴槿恵は、国民の審判を受けなさい。
ギロチンで!

韓国人20

200万いても真面目にやってんの5万くらいだろ。
あとは遊びにいってるようなもの。

韓国人21

その時間ドラマがあるから行けない~

韓国人22

今回のデモ見ていると、太極旗があまり見えないんだよね。
これは何を意味するのだろうか?

韓国人23

デモは良い。
税金が無駄遣いしないから。

韓国人24

キム・ジョンウンの指令で左派メディアが扇動し、従北の連中が内乱、暴動を起こそうとしている!
このままでは国が破滅するぞ!
何故国民は無視するんだ!

韓国人25

進撃のこぶたか。

韓国人26

親日派の朴槿恵を処理した後、清算対象は親日財閥である。

韓国人27

9日に弾劾訴追案が発議ができないなら、国会でデモしなければならない。

韓国人28

私は必ず弾劾が可決されることを望む。
もし否決されると、本当に何が起こるかわからないよ。

韓国人29

朴槿恵は、今国民の忍耐をテスト中なのさ。

韓国人30

このままなら来週は0mだな。

最終更新日:

オススメ記事

コメント

コメント投稿

アクセスランキング