オススメ記事

20161125-01

日本のトヨタ自動車がエンジン内の部品の腐食で煙が出てくる恐れがあるとしてハイエース、レジアスエース、ダイナ、トヨエースなど4車種24万台をリコールすることにしたとNHKが24日報道した。

リコール対象車の製造期間は車種によって異なるが、2010年7月から今年7月までだ。

これらの車両は、エンジン内の部品が腐食して煙が出る恐れがあり、2種約21万台は、燃料装置の強度が不足し、燃料が漏れ出て、最悪の場合、エンジンが停止する恐れもあるとトヨタは明らかにした。

またトヨタは、自動車トランスミッションの部品強度が不足し、走行を行うことができなくなる恐れがあると「ハイエース」など3車種、計7万台もリコールすることにした。製造期間は車種に従って異なるが、2009年12月から2012年4月までだ。

トヨタはリコール対象車について、25日から日本全国のトヨタ車販売店で無料で部品交換などを提供する方針だと明らかにした。

三菱自動車もこの日タカタで製造したエアバッグを搭載した5つの車種約10万台をリコールすると、国土交通省に届け出た。

リコール対象はデリカ、パジェロ、ランサー、アイ、アイミーブなど5車種10万台で、2006年8月から2011年12月までに製造された車両である。これらの車両は、エアバッグが作動したときに、最悪の場合、部品が破損されて飛び散る恐れがあると三菱は明らかにした。

三菱車の準備が整い次第、日本全国の三菱車販売店でリコール対象車について、無料で部品交換などを提供する方針である。

翻訳元:goo.gl/8grDUC

韓国人1

現代自動車は何故シータ2をリコールしないのか。

韓国人2

>>1
国土部の調査が何年もかかるからな。

韓国人3

>>1
スンシルのATMだから仕方ない。

韓国人4

ヒュンダイ車を買いなさい。
リコールするような製品は作りません。
うまく作るのでヒュンダイはリコールしたことが一度もないのです。

韓国人5

戦犯企業最悪だな!

韓国人6

日本車でもこういうことあるんだな。

韓国人7

国外ではリコールしても国内では絶対にリコールしない現代自動車。

韓国人8

過ちを認めて事後管理することを学ばなければならない。

韓国人9

現代自動車は、リコールするお金があれば関連の公職者に賄賂を渡す。
そのほうがコストがはるかに少ないからね。

韓国人10

現代車のシータ2エンジンに関する消費者レポートをみてほしい。
数十万普及している中の数十台しかないという安易な考えが現代自動車が国民を無視してるかがわかる。
他でもないエンジンの欠陥で、人命被害が出てる場合は、当然リコール措置をするのが当然なのに。
家族のために現代の車は、絶対、絶対に買わないという決意をしたよ。

韓国人11

私の車は、RAV4ハイブリッドなので含まれなかった。
よかった~

韓国人12

日本の日産は韓国政府のリコール命令を拒否したんだっけ?

韓国人13

起亜自動車にもちょっと言及してやれよ(笑)
何か月か前にヒューストンに行ったらヤンキーたちが乗ってたのを見てちょっと嬉しかった。

韓国人14

間違いは誰でもあるが、その後の対処が違う・・・
あまりにも違う。

韓国人15

企業精神が全然違うよな。
どこかの会社とは。

韓国人16

俺は信じて乗るよ!トヨタに!

韓国人17

サムスンリコール時は非難していた連中が、日本車リコールすると称賛かよ。
どうかしてるわ。

最終更新日:

オススメ記事

コメント

413. 名無しの日本人2016年11月26日 23:36:31 ▼このコメントに返信

昔からハイエースのエンジンはよく壊れたよw
欠陥があってもリコールしなかっただけ トヨタはネームバリューだけで売れてた
SONYタイマーと同様に信用できない!

0 0

コメント投稿

アクセスランキング