オススメ記事

20161116-01

男48% 「家事公平に」・・・実際に分担する場合は、18%止まり

大学生58%、授業料の両親・家族に依存・・・女性のほうがが奨学金を多く受ける

親73%「子供は大学以上は卒業しなければ」

韓国人の中で結婚を必須と考えている割合が半分近くに減少し、未婚男女の同居を肯定的に受け入れる人も増えるなど、結婚に対する認識の変化が続いている。

10人のうち7人は、外国人と結婚することにも、開放的な認識を示した。

しかし、養子縁組については、以前よりも消極・否定的な態度が増えている。

学生と親の両方が4年制大学以上の教育を希望する人々が大半であった。

特に半分以上の親が子供を海外留学にを出したがった。

◇「雁家族」20%に達する「養子縁組する考えない」は40%に増加

15日、統計庁が発表した「2016年社会調査結果」を見ると、13歳以上の人口の56.5%は、全体として、家族関係に満足と答えた。

配偶者との関係では、夫の71.3%が妻に満足したが、妻は夫との関係に満足している割合が58.5%にとどまった。

「自分の親との関係」満足率は63.9%であった。男(63.4%)と女性(64.4%)で似ていた。

しかし、「配偶者の親との関係」では、女性(46.7%)が男性(57.4%)より10.7%ポイント低かった。

親と子が同居する割合は29.2%で、2008年(38.0%)より8.8%p下落した。

長男(長男の嫁)と暮らすの割合が12.1%と最も高かったが、2008年(20.1%)に比べると半分になった。長男のほかの息子が10.0%、娘(義理)7.1%の順で続いた。

親が生活費を自分で解決する割合は52.6%で、2年前より2.4%p増加した。生活費を子供が提供する割合は47.4%で減少傾向が続いた。

回答者の45.5%は、親の老後の生活を「家族と政府・社会」が一緒に世話をすると答えた。 「家族」が世話をするという考えは、30.8%にとどまった。

配偶者や未婚の子供と離れて暮らす世帯が19.4%に達した。

20161116-02

別に住んでいる主な理由は、職場(63.1%)、学業(28.9%)の順だった。

家事を公平に分担しなければならないと考えている人は53.5%であった。

男も48.1%がこれに共感したが、実際に家事分担を公平にする夫は17.8%だけだった。若い年齢層ほど家事を公平に分担する割合が高かった。

韓国青少年が最も心配している問題は、勉強(32.9%)であった。職業(28.9%)や外観(10.7%)を心配している人も多かった。

青少年は主に友人・同僚(44.4%)や、親(24.1%)と悩みを相談した。自ら解決する割合も21.8%にのぼった。女性青少年は母と相談する割合が23.7%で高く、男子は自ら解決する割合が25.1%に達した。

半分近くの国民(48.0%)は「男女が結婚していなくても一緒に暮らすことができる」と考えていることが分かった。この割合は、2010年(40.5%)以来ずっと増加傾向だ。

しかし「結婚していなくても、子供を持つことができる」という考えには、75.8%が反対意見を示した。

国民66.1%は「外国人と結婚しても構わない」という認識を示した。 20代(76.6%)と30代(76.2%)で回答比率が高かった。

「結婚生活は、当事者より、家族間の関係を優先しなければならない」という考えに、52.0%が同意したが、20代(45.3%)と30代(49.8%)は、この割合が低く、当事者との関係をより重視することが分かった。

韓国社会の結婚費用や意識の手続きなどを含めた結婚式文化には75.4%が「過度な方」と答えた。

未婚の男性(68.3%)よりも未婚女性(74.8%)が「過度な方」と答えた割合が高かった。年齢別では30代(82.3%)と40代(79.9%)で割合が高かった。

結婚を「しなければならない」と考えている人は51.9%であった。 2010年の64.7%から大きく減少した。男(56.3%)が女性(47.5%)よりも結婚の必要性を大幅に認識した。

離婚については「する可能性はある」と考えている人が43.1%で、増加傾向が続いた。 「してはならない」と考えている割合(39.5%)は、40%下に降りてきた。

国民39.3%は「養子縁組したいという考えがない」と考えており、2年前に比べて6.7%増加した。養子縁組を望んでいない理由は「必要性を感じない」(42.9%)「親の子供のように養育できるか心配なって(32.2%)」の順に多かった。

◇給料500万ウォン以上の世帯65%は「子ども海外留学望んでいる」

中・高・大学生の半分以上の52.3%が、全体的な学校生活に満足していると答えた。
20161116-03

学校生活部門別では「交友関係」に対する満足度が68.8%で高く、「素質と適性開発」の満足度は37.2%で低い方だった。

大学(4年制以上)レベルの教育を期待する割合が学生(64.7%)と親(72.8%)の間ですべての最も高かった。

特に親が大卒以上の場合、子供が大学院までの教育を受けることを希望する割合が高かった。

大学以上の教育レベルを期待する理由は、「良い仕事を持つために」(学生51.1%、親46.7%)が最も多かった。 「能力と素質開発」(38.6%、39.2%)は、その後だった。

大学生の58.0%が授業料を「両親(家族)の助け」に依存して用意した。次いで奨学金(24.7%)、ローン(10.7%)、自分で稼いだ(6.4%)の順だった。

奨学金で学費を用意した生徒の割合は、300万ウォン未満の世帯で30%以上に高かった。両親(家族)の助けを受ける割合は男性(60.1%)が女性(55.4%)よりも高く、奨学金は女性(25.7%)が男性(23.9%)よりもたくさん受けた。

世帯主の65.3%は、子供の教育費が所得に比べて負担になると答えた。負担の要因は、「学習塾などの補助的教育費」が62.1%を占めており、「学校納入金」は30.0%であった。

本人が希望する段階までの学校教育を受けたと答えたのは53.7%で増加傾向が続いた。しかし、男(58.5%)と比較すると女性(49.2%)は、まだ半分を渡さなかった。

本人の教育の機会に満たしていなかった最も主な理由としては、「経済的余裕」(53.6%)が最も多く挙げられた。

本人の専攻と職業が一致するという回答は36.3%で不一致(38.3%)よりも低かった。

教育程度が高くなるほど一致率が高くなった。大学院卒業の場合、71.0%が専攻と職業が一致することが分かった。

職業別専門職で一致率が62.3%と最も高かった。サービスの販売(58.3%)、農漁業(54.3%)、機能労務職(55.2%)は、不一致度が高かった。

親の学校運営参加度は29.1%で、2年前より2.4%p上昇した。

母(40.9%)の参加度が父(16.9%)の2倍以上であった。

親の57.4%は、条件が許すという仮定の下で子供を他の国に留学を送信したいと答えた。 2年前より1.8%p増加した。

高所得者ほど留学希望の割合が高かった。月平均所得が500万ウォン以上の場合65.3%であった。

翻訳元:goo.gl/Nukg9d

韓国人1

愛はロマンチックだが、結婚は現実である。

韓国人2

愛も2~3年経過すれば終わりです。
結婚についてはあまりにも幻想を持たないほうがいいと思います。

韓国人3

結婚なんてしてはいけない!
相手の家族が増えて人間関係が複雑になるだけ。

韓国人4

一人では寂しいが、二人は辛い!

韓国人5

大韓民国で結婚する人たちを心から尊敬します。

韓国人6

普通の人が熱心に努力して、自分の家一軒用意するのが難しいんだから、当然の結果だろ。

韓国人7

結婚式場の予約はいつも満員。
結婚しても離婚する。
そして再婚する。
再び離婚する。
だから結婚式場はいつも満員。

韓国人8

20代前半のとき独身主義と言ってた友人が20代後半になって結婚式あげてたよ。
こんなアンケート意味ないよ。

韓国人9

結婚後最初の6か月はお試し期間の契約にすればいい。

韓国人10

韓国の女性が言うまともな男性っていうのは金持ちのこと。

韓国人11

経験者として心からアドバイスする。
この国で結婚して子供を産んではいけない。

韓国人12

いくら良くても、2年一緒に過ごしてみたらうんざりする。

韓国人13

要するにお金だろ。

韓国人14

私の友人の中の半分が結婚して2年で次々離婚していく。

韓国人15

欲求を満たすときにだけ女性に会い、それ以外は相手にしないほうが人生豊かに暮らす方法。

韓国人16

乾坤した人のsns見ると幸せに見えるけど嘘なの?

韓国人17

人生に正解なんかないからね。

韓国人18

金のスプーンとまではいかなくても、銀のスプーンくらいの家庭じゃなければ結婚はやめたほうがいい。

韓国人19

お金がないのに赤ちゃん有無奴らは頭おかしい。

韓国人20

結婚しないで一人でお金稼いで文化的生活をしながら生きるのが最高だ。

韓国人21

結婚する過程もストレスだし、結婚生活もストレスだ。

韓国人22

結婚生活を予想することができる?
私の両親の普段の姿を見ていると、結婚生活なんて嫌だわ。
親が仲よければ子供も結婚しようとすると思うだろうけど、毎日顔突き合わせれば戦っている親の下で育った子供たちは、結婚しようとは思わないと思う。

韓国人23

私はしないんじゃなくてできないのだ。
だから結婚話をしないでください。
誰か結婚してください。

韓国人24

低学歴者ほど「結婚必須」という考えが強い。

韓国人25

結婚・出産を最初にあきらめてしまう理由は、この二つだけ放棄すれば、人生が楽になるからである。

韓国人26

家事公平はあって、収入公平って話はなぜないのか?

韓国人27

大統領をみろ・・・結婚しなかった人生の標本である。

最終更新日:

オススメ記事

コメント

コメント投稿

アクセスランキング