オススメ記事

日本で最も恐ろしい音

2011年3月11日、東日本大震災当時、緊急地震速報。

40秒過ぎに登場します。
4分頃に出てくる音も恐怖の対象です。

2016年4月14日、熊本大震災当時緊急地震速報
緊急地震速報

緊急地震速報は、日本の気象庁が世界初の商用化した地震早期警報システムで、地震発生直後に地震波データを分析して、震度5約以上の地震と推測される場合、震源の位置・地震の規模・各地域の地震到達予想時間を提供する緊急速報です。
S波の影響が到達する前に、強い地震への備えを目指します。

特に速報の頭に出てくる2回のチャイム音は日本人たちにとって恐怖の対象であり、公共場所での再生はタブー視されています。
地震の話が出て、思い出したので書いてみます。
韓国も、よりはっきりとした災害警報体系が用意されなければならないでしょう・・・

翻訳元:goo.gl/oOx7c

韓国人1

初めて聞きましたね・・・

韓国人2

日本は地震が生活化されているからな。
調べてみたら地震に備えるシステムがよく整備されてる。

韓国人3

ちょっと前の熊本大震災の映像見ると、最高震度7まで上がってきたのに、対馬は何の影響を受けていないようですね。
やはり対馬は韓国の山々とも似てる様だから・・・やっぱり韓国の領土ですねww

韓国人4

羨ましいです。
地震に備えるシステム
それをあんなに備えておくほど地震がよく来るなんてw

韓国人5

日本人もこうして見たら凄いね・・・
地震がそんなに沢山起こるのに普通に住んでいるの見る限りでは耐性が出来てるのか?
北朝鮮の挑発に私たちが耐性ができたように・・・

この何日かは、地震の恐怖が韓国を襲ってるけど・・・

韓国人6

あんなに揺れても崩れた建物がないとは・・・
今回は韓国も崩れた建物はなかったが、震度7まで耐えれるのかどうか・・・

韓国人7

しかし、緊急地震速報の警報ベルが、あまり緊急には聞こえませんね。

韓国人8

>>7
日本人はあの音に本当に恐怖感を感じるんですって。
あのチャイム音を公共場所でいたずらに流す行為も犯罪行為として扱うそうです。

韓国人9

起床ラッパの様な感じなのか・・・

※起床ラッパとは兵役に行った韓国人が忘れられない、どんな条件下でも目が覚めると言う起床合図。条件反射装置とも言われてる。

韓国人10

日本人たちが地震について感じる恐怖感は想像を超越してます。
最初、日本で地震を感じた時、私はむしろ不思議でした。
翌日、何気なくそのような感想を言った時、ムッとしていた日本人たちが記憶に残りますね。
地震に耐性なんて出来るはずがないwwww
随時思い出すのです・・・揺れるたびに・・・
そんなんだから、災難警報システムで日本が世界TOPになったのです。
なぜこのようになったのか、その根本を見ると、事実うらやましいことばかりではありません。
私たちには無い恐怖によって、形成されたシステムだからです。
また日本人たちが気が付いてない、盲目的な愚民化には自然環境の影響もあると個人的に見ています。
その様な愚民化政策は民衆の慰めになって、安定するのです。

韓国人11

最初の映像・・・こんなに長く地震が続くんですね

韓国人12

日本に行く時、この音を携帯電話の着信音として保存して使用すれば殴り殺されるのかな・・・

最終更新日:

オススメ記事

コメント

48. 名無しの日本人2016年09月24日 22:15:13 ▼このコメントに返信

防犯ブザーを面白がって鳴らしてる小学生と変わらんね。

0 0
49. 名無しの日本人2016年09月24日 23:34:50 ▼このコメントに返信

妄想乙という感じ、
最大震度が5弱以上と予想された場合だから、韓国のメルカリ震度で8以上
日本の震度で4以上の地域に送信だから、韓国のメルカリ震度6以上
報知音は、誰もが、どこでも、即座に理解できるように統一されています。
勝手に使用出来ません。サイレンと同じです。

0 0
56. 名無しの日本人2016年09月27日 00:14:15 ▼このコメントに返信

北朝鮮に耐性できてどうすんの!
まさにそこにある危機でしょうが。
だから韓国人は安心不感症(どっちかと言うと不安恐怖症だと思うが)なっだろうね。
日本人は地震に耐性があるんじゃなくて、地震に備えた心構えと体制が有るだけ。
揺れれば日本人だって怖い。

0 0

コメント投稿

アクセスランキング