オススメ記事

この日本の学生の顔は、1年後もっと驚く事になった

スレ主

2015年に話題になったこの学生の顔は、1年後もっと驚く事になった。
この2015年10月、日本のツイッターを通じて紹介された、ある女子高生の写真が世界的な話題を起こした。
彼女の名前は「Saya」。
彼女は綺麗で話題になったのではなく、実存人物ではなかったので話題になった。
0915-01

「Saya」は、東京で活動する3Dグラフィックアーティストの石川晃之と彼の同僚であり、妻の石川友香が創造した3Dキャラクターだ。

0915-02

それから約1年後の2016年9月10日、彼らは「Saya」の2016年度バージョンを公開した。

0915-03

「エンガジェット」日本版は2015年バージョンの「Saya」以後、進化を繰り返した末に、もっと実写に近い顔として誕生したと報道した。
下は新しいバージョンの「Saya」だ。
皮膚の質感と髪の色、髪の毛、顔に出来たホクロまで実写画像だと言っても過言ではない程のクオリティだ。

0915-04

「telyuka」の公式ツイッターアカウントはすぐ「展示会を通じて、Sayaのモーションまで発表する」と明らかにした。

翻訳元:goo.gl/xwT01l

韓国人1

最初のバージョンは、韓国でも受け入れられそうだけど、二番目のバージョンは好き嫌いが分かれそうですね。

韓国人2

ピンクの唇。

韓国人3

これはそのまま人じゃないか。
これを仮想現実と融合させれば…

韓国人4

日本はこういうのは上手く作成しますね。

韓国人5

二番がマシですね。

韓国人6

綺麗だ。

韓国人7

美貌はあまり良くないですね。
漫画で見そうな女神を人間化するのも良さそうだ。
あれはまぁ、そばかすも多く、あんなのが好きな人は本当に珍しいですね。

韓国人8

うおお、本物が現れた。

韓国人9

モーション問題さえまともに処理されたら…
A○市場に大きな変化、革新が来るかも。

韓国人10

本当に恐ろしい程よく作りました…
プログラム何で作ったんでしょう?

韓国人11

最近まで3Dキャラクターを見ると、左右が同じ場合が多かったが、このキャラはバランスの取れているにも関わらず、微妙に左右が異なり、違和感があまりないですね。

最終更新日:

オススメ記事

コメント

コメント投稿

アクセスランキング